いぼイボ(疣)体験記
 
 

足の指にできたイボのお話です。

あくまで私の個人的な経験と感想です。以下に醜い写真あります。

経験のない方には想像もできないでしょうが、これがなかなか厄介な代物です。

2011年夏の頃です。右足薬指に違和感がありよく見るとイボのようです。

イボコロリやスピール膏などを試してみますが効果がありません。


仕方なく皮膚科に行くことにしました。

先生は一目見て「ウイルス性のイボ」です。

と言うことで液体窒素療法とヨクイニンを処方されました。

液体窒素療法は、とっても痛いです。

液体窒素を大きな綿棒に染み込ませ、それをイボにつけます。

イボは急激に冷やされ瞬時に白くなります。多分凍結に近い状態になります。

その瞬間は特に何も感じませんが、病院を出る頃からジワジワ痛くなります。

歩いていると思わず立ち止まるほどの痛みでした。本当に激痛です。

毎週1回続けました。

イボが治れば治療の痛みも我慢もします。

が、何とイボは徐々に大きくなっていくのです。

そこで一旦病院通いを見合わせることにしました。


そして、インターネットにあった紫雲膏の体験記を読み、私も試してみることにしました。

およそ三ヶ月ほど試しました。

でも残念ながら私には効果がありません。

そこでまた、別の病院に行くことにします。

なんとまたまた液体窒素療法とヨクイニンを飲むことになります。


今度の病院は、スプレーで液体窒素を患部に吹き付けましたが、基本的に以前と同じです。

我慢に我慢して、転院後2年近く経ちました。

治りません。更に大きく、そして小指にも症状が広がりました。

先生は根気よく根気よく必ず治ると信じて、と言いながらいつもと同じ治療をします。

今思えば、治らないのに治療費だけはしっかり取られ、随分根気よく通院したと思います。


ある日、先生が「プレオマイシンを使えば絶対治る」と言いました。

今まで治らなかった人はいない。との心強いお言葉です。

それならもっと早く言ってよ。。と思いつつお願いすることに。

プレオマイシンは抗がん剤で、比較的広範囲の治療に使用されているとのこと。

プレオマイシンをイボの皮下に注射します。

そして更にプレオマイシンの軟膏を患部に塗ります。

もちろんヨクイニンも飲み続けました。

そして一ヶ月が過ぎ、二ヶ月が過ぎようとしても治る兆しがありません。

変だなぁ、変だなぁ 治らない人の一号かな〜 と先生。

以下の写真は、その頃最も悪い時期のものです。




我慢強い私もとうとう諦めました。と言うより、ある方からある薬を紹介されました。

そこで病院通いをやめ、この薬を試すことにしました。

この薬の名前は、青草膏(せいそうこう)という薬です。

台湾のある家庭に伝わる秘薬とかなんとか?

まるで泥のようです。





ちょうど台湾の知人が日本に来るというので、購入し持って来てもらいました。

これを泥パックの要領で患部に塗ってからガーゼで覆い包帯で固定します。

これを1日2回から3回行います。痛くも痒くもありません。

これでなんと2ヶ月を過ぎる頃から変化が現れます。確かな変化です。

青草膏を使用してから約半年と少々でかなり良くなりました。




無駄とも言える多くの時間と治療費を費やしました。


以上私のイボ体験記でした。


 
 
 
 
Copyright (C) 2014 Syusendou All rights reserved.